審美歯科のホワイトニングについて

審美歯科のホワイトニングについて

審美歯科というとその多くが美容目的である事から、健康保険が適用されないため治療にかかる費用は全て自費扱いとなります。一般歯科を扱う歯科医院で、審美歯科も診療科目に含まれるような場合は、虫歯など一般歯科の治療には保険が適用になりますが、審美歯科に関しては自費というように分かれているところもあります。

少し前まではホワイトニングというと芸能人やモデルなど限られた人が行うものというイメージがありましたが、最近は歯に関する意識も高まっている傾向があり、一般の人もホワイトニングをするようになっています。

この影響もあって一般歯科をメインにしている歯科医院でも、ホワイトニングを取り入れるようになっています。審美歯科のホワイトニングは一般の歯科医院と何が違うのでしょうか?

一番の違いはホワイトニングにも選択肢があるところです。一般の歯科医院でも院内で行うオフィスホワイトニングと、マウスピースを作り自宅で行うホームホワイトニングがあります。審美歯科でも可能ですが、審美歯科ならではの方法もあります。

ホワイトニングの方法によっては継続して行かないと、白さを持続できないものもありますし、一度治療をすればずっと白さを維持できるものもあります。

また人によってはホワイトニングができない人もいますし、人工の歯には対応できないなと種類によってはデメリットになる事もいくつかあります。メリットとデメリットを理解しておく事も大切です。