他のホワイトニングとの違い

他のホワイトニングとの違い

一般歯科治療をしている歯科医院でもホワイトニングが可能になっていますが、審美歯科でも同じ方法でホワイトニングできます。この場合は過酸化水素を使って歯を白く見せる方法ですが、過酸化水素を使ったホワイトニングにも種類があります。

医院内で行うオフィスホワイトニングは1回の治療でもかなり歯が白くなったのを実感できますが、数回繰り返し白さを定着させます。通院する時間が取れない場合は初回のみマウスピース作成のため来院が必要ですが、後は自宅で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングの場合は自宅でもできますが、ある程度続けないと効果を実感できません。

また一度ホワイトニングをしても、時間が経過すれば歯は元の色に戻っていきますし、色素の濃い物を込んで食べたり飲んだりする人は、ホワイトニングの効果も短くなってしまいます。

過酸化水素を使ったホワイトニングは審美歯科でも行っていますが、最大のメリット歯を削らすに済むところです。審美歯科には歯を削り白い板のような物を被せる方法もありますが、この場合は元の歯の色に関係なく、真っ白い歯にする事もできます。

ただし健康な歯を削る事と、高い費用がかかるのはデメリットとなります。