歯を白くする以外に歯並びも良くなる?

歯を白くする以外に歯並びも良くなる?

健康な歯を削り費用も高いためデメリットもあるのは、ラミネートベニアという方法ですが、デメリットばかりではありません。ラミネートベニアのメリットは、歯を白くする以外にもいくつかあります。

例えば前歯の隙間が空いてしまっているような場合でも、ラミネートベニアをすれば矯正治療をしなくても歯の隙間をきれいに埋める事ができます。ただし余りにも歯並びが悪い人はラミネートベニアには不向きとなります。

白いラミネートベニアを、特殊な接着剤で歯に貼り付けていきますので、白さが変わらず維持できます。ワインなど色素の濃い物をよく口にする人は、ホワイトニングの効果がなくなりやすい傾向がありますが、ラミネートベニアなら汚れもくすみも付着しにくく、歯ブラシで簡単に落とせます。

ラミネートベニアにも種類があって、強度の違いで費用も変わってきますが、過酸化水素を使うホワイトニングよりも長持ちしますし、メンテナンスも簡単なのはメリットです。金属を使わないため、金属アレルギーの人も安心ですし、経年劣化による黒ずみもありません。

ラミネートベニアの場合歯を削るのはデメリットですが、削る量はごくわずかなので条件によってはメリットも多くなります。

他のホワイトニングとの違い

他のホワイトニングとの違い

一般歯科治療をしている歯科医院でもホワイトニングが可能になっていますが、審美歯科でも同じ方法でホワイトニングできます。この場合は過酸化水素を使って歯を白く見せる方法ですが、過酸化水素を使ったホワイトニングにも種類があります。

医院内で行うオフィスホワイトニングは1回の治療でもかなり歯が白くなったのを実感できますが、数回繰り返し白さを定着させます。通院する時間が取れない場合は初回のみマウスピース作成のため来院が必要ですが、後は自宅で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングの場合は自宅でもできますが、ある程度続けないと効果を実感できません。

また一度ホワイトニングをしても、時間が経過すれば歯は元の色に戻っていきますし、色素の濃い物を込んで食べたり飲んだりする人は、ホワイトニングの効果も短くなってしまいます。

過酸化水素を使ったホワイトニングは審美歯科でも行っていますが、最大のメリット歯を削らすに済むところです。審美歯科には歯を削り白い板のような物を被せる方法もありますが、この場合は元の歯の色に関係なく、真っ白い歯にする事もできます。

ただし健康な歯を削る事と、高い費用がかかるのはデメリットとなります。

審美歯科のホワイトニングについて

審美歯科のホワイトニングについて

審美歯科というとその多くが美容目的である事から、健康保険が適用されないため治療にかかる費用は全て自費扱いとなります。一般歯科を扱う歯科医院で、審美歯科も診療科目に含まれるような場合は、虫歯など一般歯科の治療には保険が適用になりますが、審美歯科に関しては自費というように分かれているところもあります。

少し前まではホワイトニングというと芸能人やモデルなど限られた人が行うものというイメージがありましたが、最近は歯に関する意識も高まっている傾向があり、一般の人もホワイトニングをするようになっています。

この影響もあって一般歯科をメインにしている歯科医院でも、ホワイトニングを取り入れるようになっています。審美歯科のホワイトニングは一般の歯科医院と何が違うのでしょうか?

一番の違いはホワイトニングにも選択肢があるところです。一般の歯科医院でも院内で行うオフィスホワイトニングと、マウスピースを作り自宅で行うホームホワイトニングがあります。審美歯科でも可能ですが、審美歯科ならではの方法もあります。

ホワイトニングの方法によっては継続して行かないと、白さを持続できないものもありますし、一度治療をすればずっと白さを維持できるものもあります。

また人によってはホワイトニングができない人もいますし、人工の歯には対応できないなと種類によってはデメリットになる事もいくつかあります。メリットとデメリットを理解しておく事も大切です。